2019年08月11日

夏の訪れ

 

最近、甲府本館カフェギャラリーにかき氷を求めるお客様がぐんと増え、

本格的な夏の訪れを感じています。

 

売店では、お盆に向けての準備が始まりました。

こうして考えるとお盆という行事をきちんと迎えるのは初めてだな、と思いました。

 

桔梗屋では、季節や行事に合わせた期間限定の商品を数多く販売します。

私は、桔梗屋に入社しその時期にちなんだ商品を通じて、行事の内容や由来などの知識が自然に身についていることに気づきました。

 

社会人になったとはいえ、人は何歳になっても勉強が必要なんだなと、とても感慨深く思いました。

 

 

甲府本館 保坂

2019年08月10日

お届けいたします。

今日から、待ちに待ったお盆休みに突入しましたね。

令和最初の今年のお盆休みは、なんと9連休。夏休みに入り賑わいを見せている店内の様子も、さらに活気ついています。

昨年は、あまりの忙しさにてんてこ舞いでしたが、一年間山梨フルーツ王国店で勤務し、一つ一つ成長してきた自信があるので、

慌てずいつも通りの丁寧な接客と調理を心掛けて臨みます。

 

さて、話は変わりますが、父と母が父の実家がある鹿児島県へお盆に帰省することになりました。

祖母への手土産に、母からのリクエストで桔梗信玄生プリンを始めとする桔梗屋商品を買ってきてほしいと頼まれました。

しかし、生プリンは要冷蔵商品なので、山梨県で購入したものを鹿児島県まで持って行くのはとても大変です。

直営店では、生プリンを購入されたお客様に無料で30分ほどの保冷効果がある保冷剤をお付けして販売しており、

生プリンの美味しさを損なわないように温度管理には非常に気を付けているのですが、県外など遠方から来店されるお客様や遠出されるお客様には

それでも少しネックになってしまうことも…。

そんな時には、山梨フルーツ王国店を始めとする直営店や桔梗屋オンラインショップでは、全国へ商品の発送を承っているので、暑いこの時期に管理が難しい

要冷蔵商品も確実にお届けできます。

また、有料で保冷材の販売やアイスの冷包装なども行っているので、その場でお気軽に商品をお求め頂けることもできます。

私も昨日、直営店で14日に商品が届くように生プリンを始めとする桔梗屋商品を購入し、祖母の家がある鹿児島県まで発送をお願いしてきました。

遠く離れた、鹿児島の祖母に自分が勤めている桔梗屋には、美味しい商品が沢山あることをこれを機に知ってほしいです。

 

桔梗屋では県内外のお客様により良い状態でお客様に商品をお届けできるように万全の態勢でご注文を承っておりますので

お中元や親しい方へのお土産として、どうぞお気軽に桔梗屋商品をご利用ください。

 

 

山梨フルーツ王国店 茅野光

 

2019年08月09日

和のなごみ

今日は黒蜜庵塩山店にヘルプで行ってきました。

塩山店は他の店舗とは少し違い、雑貨商品を置いています。

マグカップやお皿、タオルなど様々な雑貨があります。

特に私が気になった商品は、「メロディプレート」です。人が近づくと「ピヨピヨ」

とまさに鳥のさえずりの様に鳴ります。

とても可愛らしくて、お客様からの注文もあったりするそうです。

他にも、フクロウのポットなど珍しい物もあり、見ているだけでも楽しい気分になります。

値段もお手頃なのでプレゼント用に購入されるお客様が多く、

その際は包装紙などを使ってラッピングしたりしています。

毎回変わった商品が入荷するのでお客様も従業員も楽しみにしているそうです。

 

和戸店  渡辺

 

 

2019年08月08日

夏の楽しみ

長かった梅雨が明け、私の大好きな季節「夏」がやってきました。

 

昨晩のニュースで甲府は9日連続で猛暑日が続いているそうで

家で飼っているハムスターもこの暑さのせいか毎日ぐでーっと伸びています。

 

 

そんな日々を過ごしていますが

私にはひとつ楽しみにしていることがあります。

 

それがこちら

8月の美味求真に掲載されているスイーツブッフェです。

 

以前、HEIDI’S FLOWER GARDENでブライダルフェアのカップル役をした際に同期の男子から

「今度友達と一緒に来なよ」と言われたこともあり

友達を誘って行くことに

 

日程も決まり準備万端

美味しいスイーツを食べながら河口湖で涼んでこようと思います。

 

甲府本館 矢崎

 

 

2019年08月07日

幸せ日

今日は花火の日。

夏は花火を味わえないと終われないって毎年、今か今かとこの日を楽しみにしています。

 

アートアーカイブスではこちらを楽しみにされているお客様が沢山います.

 

日によって頼めるケーキが変わる日替わりケーキ。

今日はどれかなと楽しみもプラスされてますます美味しいケーキがお召し上がり頂けそう。

 

先月から変わった日替わりケーキは以前より種類が増え、

なかには召し上がりたいケーキを求めて毎日通って下さるお客様もいらっしゃるほど、人気です。

 

暑さをしのげる涼しいレストランでお茶の一時を沢山のお客様に楽しんでもらえたらうれしいです。

 

アートアーカイブス  宮川

 

 

 

 

2019年08月06日

3文字です

10回。異動する前のハイジの村の時も入れると、もしかしたら20回かなあ。」

なんの話かと言いますと、お客様から「名字はなんと読むんですか」と聞かれた回数です。

胸元に名札をつけているのですが、皆様は読めますか。

私はもちろん生まれた時からこの名字なので、なんの違和感もありませんでしたが成長するにつれて

「珍しいね」「最初は読めなかったよ」と言われる事が増えました。

この前テレビを見ていたら難読名字として紹介されていてびっくり。

名札にふりがながあればいいな、と最初は思っていましたが

今はお客様の反応が楽しみなので無くて良かったなと思っています。

驚かれるお客様はもちろん、「またひとつ勉強になりました」と嬉しいお言葉をいってくれる

お客様もいらっしゃいます。

これからもお客様との会話も楽しみつつ、素早く正確なレジ打ちや

分かりやすい商品案内が出来るように心がけていきたいです。

ちなみに名字は「みない」と読みますよ。

一宮店 薬袋

 

2019年08月05日

ぶどう入荷いたしました

山梨フルーツ王国では、例年より2週間遅れで、待ちに待ったぶどうが入荷いたしました。

ぶどうの生産量1位を誇る山梨県。

入荷されたのは、福田店長の実家で収穫された、デラウェアという品種のぶどう。

 

 

 

種なしの小粒な実が特徴で、試食を頂きましたが、とても甘みが強く、程よい酸味もあり、手が止まらないほどの美味しさでした。 

今年は日照不足により、色づきが遅く、収穫が遅れてしまったようで、

福田店長も非常に心配をしていましたが、今年も無事に収穫が出来て一安心のようです。

 

8月3日から入荷され始めたぶどうですが、お客様からも大人気で、

「毎年買いに来ているんだよ。」「ここのぶどう美味しいんだよね。」などと嬉しいお言葉も多く頂き、

生産量1位の山梨県産のぶどうとももを手にし、笑顔になるお客様を見ると私達も元気をもらえます。

 

また、お客様から果物に関する質問も多く、私は果物に関しての知識が少ないので、

農家さんに来ていただいたときに、わからない事や、疑問に思ったことなどを積極的に質問して、

お客様にスムーズな説明ができるよう、日々学んでおります。

 

今が旬の山梨県の果物たち。

店内甘い香りが漂うフルーツ王国で、幸せなひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

山梨フルーツ王国 板坂宗佳

 

2019年08月04日

日々の勉強

最近私はサラダや惣菜、弁当を調理することもすっかり多くなり、少しずつ慣れてきたかなと感じていました。

そして今朝も同じように調理していると、ある調理スタッフから新しいアドバイスをもらいノートにメモをしました。

それは、グルメマルシェでは焼きそばに粉末ソースと液体ソースの二種類を使っているのですが、このソースを入れる順番についてでした。

最初に粉末ソースをかけてよく混ぜ、そのあとに液体ソースを入れる との事です。

そうする事で麺が粉末ソースによりコーティングされ、余計な水分を含みすぎないそうです。

その結果、夜食べてもそのまま美味しく食べれるとの事でした。

長年調理に携わっているスタッフならではの知識だなと感心し、またそんなスタッフに囲まれて毎日を過ごしている事に感謝も感じます。

何気ない事にも理由があり、それを日々勉強していく事の大切さを教わる事のできた一日です。

グルメマルシェ 渡辺雄希

 

2019年08月03日

かすてらアレンジ

今日のおやつは、ちょっと特別。

これ、何から作られているか分かりますか。

実は私の手作りなんです。その正体は、かすてら。

ラザウォーク店でも販売している「黒蜜かすてら」の

アレンジレシピです。

 

お菓子作りがちょっぴり苦手な私でも

簡単に作れるお手軽おやつです。

材料はたったの3つ。

 

黒蜜かすてら、牛乳、黒ごまきな粉、これだけ。

材料が少ないもので、作り方も驚くほど簡単。

 

1ボウルに黒蜜かすてらを入れて崩すように混ぜる。

2牛乳を加え、かすてらがしっとりするまでさらに混ぜる。

3スプーンで丸く形を整え、黒ごまきな粉をまぶす。

 

あとは冷蔵庫である程度冷やせば完成。

かすてらを崩す時はしゃもじを使うと

くっつかず、混ぜやすいので便利です。

黒蜜かすてら、牛乳の量はそれぞれお好みですが

今回は黒蜜かすてら5個に対し、牛乳140mlで作りました。

ちなみにこの分量で4人家族の私には十分な量でした。

 

黒蜜かすてらには名前の通り、黒蜜が使われているので

他に味付けは一切無しでも程よい甘さで美味しくできます。

そして表面の黒ごまきな粉は黒蜜との相性抜群。

これは通常のきな粉で作っても味は間違いなしだと思います。

他にも以前、ココアパウダーで作ったこともありますが

味がまたガラリと変わって美味しかったです。

色々アレンジしてみるのも楽しいかもしれません。

 

暑い日にぴったりなひんやりおやつ。

簡単ですので是非作ってみてください。

 

ラザウォーク店 あやめ

 

2019年08月02日

「武田菱」

先日、「蕎麦・カフェ 由布姫」の建物で武田氏に関わる新たな発見を致しました。

 

「こんな所にもあるんだ。」

それがこちらの武田菱のマークです。

 

人目につかない場所ですが、丁度テラス席の頭上の柱に全部で三か所に武田菱のマークが彫刻されています。

先日、ご近所の常連のお客様や信玄ミュージアムへ勤務されている甲府市の職員さんにもご紹介したところ

「初めて見ました。ここに武田菱が彫刻されていたんですね」と話題になりました。

 

夏休みにも入りこれからたくさんのお客様が来店されます。

お買物やお食事を楽しんで頂いた後は、ぜひ武田氏館跡歴史館内を一周して頂いて、

まだまだ隠れているたくさんの「武田菱」のマークを発見して頂くのも一つの楽しみだと思います。

 

 武田氏館跡歴史館  高橋修平