2022年08月05日

麦茶のいいところ

最近、母の仕事の関係で一緒に調べものをしました。

それは、麦茶についてです。
私の家では、常時置いてある飲み物といえば麦茶。
職場にも、母が作ってくれた麦茶を持っていきます。
幼い頃から当たり前のように飲んでいますが、
調べてみると、知らないことが沢山あることに気が付きました。

image0 (13).jpeg

麦茶は、血液をサラサラにする効果があり

ノンカフェインで利尿作用がなく、夏場の水分補給に向いていること。
また抗酸化作用といって、麦茶に含まれるポリフェノールが、
がんなどの病気の原因となる活性酸素の働きを抑えてくれること。

他にも、食物繊維・カルシウム・ビタミンB₁などのミネラル成分が豊富なこと。

このようにメリットが多く、汗をかく夏場以外にいつ飲んでもいいことばかりです。

体にいいことが沢山あると知ってからは
いつもと同じ麦茶もより美味しく感じ、意識して飲むようになりました。

ラザウォーク店 古畑羽菜

2022年08月05日

我が家に新しい家族がやってきました。

初めての金魚すくいで、運よくとれた

可愛い真っ赤な金魚たちです。

 

 

子どもの頃、「生き物を飼うのは責任が重いからダメ」

と、親から言われていたので、飼いたくても飼えませんでした。

 

初めての魚の飼育はわからない事が多く、

学校でメダカのお世話をしている弟に教えてもらいながら、

水槽の準備やエサなどを揃えました。

ドキドキしながら、新しく調達した水槽に金魚を入れると、

最初は落ち着かない様子で動き回っていましたが、

やがて新しい場所にも慣れたのか、ゆっくりと泳ぐようになりました。

 

弟からは、水を綺麗に保つことや、水槽の掃除、適度なエサやりなどを教わり、

やることの多さに驚きましたが、試行錯誤しながら飼育しています。

可愛すぎるので、ついついエサをあげてしまいそうになりますが

やり過ぎも良くないので、毎日葛藤。

 

以前までは家に帰ると一人でしたが

新たな仲間が出来たので、家に帰るのが楽しみです。

 

グルメマルシェセレオ甲府店 高橋来実

 
2022年08月02日

フレッシュな味わい

夏真っ只中の今、暑さで体が溶けてしまいそうです。
やっぱりこの時期は、さっぱり爽やかなフルーツが食べたくなりますよね。

自宅の庭には小さなブルーベリーの木が植えてあり、
夏になると少しですが実をつけるので、食べ頃になるのを楽しみに待っていました。

ふと気づくと、ブルーベリーの実が消えていました。
「朝、鳥が木にとまっていたよ」と家族から目撃証言が。

食べられてしまい少しショックでしたが、
私が勤めているRond.セレオ甲府店で、ブルーベリーオムレットを購入し、
夕食後のデザートに食べたので満足です。

甘酸っぱくて爽やかなブルーベリーとふわふわ生地と生クリームが口の中で合わさり、
夏バテ気味の身体にも元気が出てきました。

自宅のブルーベリーは、また実るのを楽しみに待とうと思います。

Rond.セレオ甲府店 立川

2022年07月28日

楽しみなお茶菓子

久しぶりに母と過ごした休日。

日頃、手が行き届かないところまで家の掃除をしようと決めていました。
台所の水回りやお風呂場の壁。
梅雨明けはしたけれど、湿度が高いこの時期は念入りにお掃除。

1人だとなかなか終わらない掃除ですが、2人ならおしゃべりも交え、手も動かして、と
なんだか楽しく進めることができました。

徐々に綺麗になっていくと気持ちが良く、つい夢中にもなります。

掃除が終わった後には、甘いお茶菓子を食べることが定番。

今回は「桔梗信玄水ようかん」を用意しました。

桔梗屋ならではの濃い黒蜜を使用した水ようかん。

餡の甘さやひんやりと喉越しの良さが、体を動かした後のおやつに最適。

食べやすいサイズなので最後まで美味しさを堪能できます。

いつも新発売するお菓子を楽しみにしている母は「夏にぴったりの和菓子ね」と喜んでくれて
「次も楽しみね」と笑顔を見せてくれました。

東治郎小淵沢店 新井

2022年07月27日

感性豊かなお喋り

先日、小淵沢店に妹と姪っ子がご来店。

東治郎とRond.でお買い物をした後、
権六で一緒にお昼ご飯を食べることにしました。

もうすぐ4歳の姪っ子は、とにかくたくさん喋ります。
権六では「お空にお花が咲いてる」「すごい、綺麗」と大興奮。

食事を待つ間も、何度も上を眺めて「お花摘みたいな」と、
天井を彩るドライフラワーに終始興味深々でした。

「お空にお花が咲いている」や「お花を摘みたい」
そう感じることが、大人になるにつれ、少なくなったように思います。
また、何かを感じても言葉にすることが難しかったりもします。

だからこそ、そのまま伝えてくれる言葉がとても心に刺さり、
子供の感性は豊かだなと改めて感じました。

そして最後のデザートにアイスまでしっかり食べた元気な姪っ子。
楽しい休憩時間はあっという間で、午後も頑張ろうとパワーをもらいました。

「今度一緒にお花を摘みにいこうね」と約束しています。
その時はどんなことを伝えてくれるのか楽しみです。

東治郎小淵沢店 長田

2022年07月26日

職人を目指して

私の息子はいよいよ長い夏休みに入りました。
私がお休みの時は、できる限り楽しい思い出を一緒に作りたいと考えています。

夏休み前に図書館から借りてきたのは、お菓子作りの本。
以前、一緒にトッピングに生クリームを絞ったカップケーキを作りました。
その絞りが均等にいかず、「お菓子作りをリベンジしたい」との事。
そんな時に目に留まったのが、ANKORO-MOCHI。

それぞれの味のあんこを均等に、綺麗に絞った職人技のあんころもちです。
味は全6種類あり、お客様からも人気です。

お土産に持ち帰ると、みんなで「すごいね」と感心。

この職人技を真似しながら
次のお休みには、子供とカップケーキのリベンジをしたいと思います。

東治郎セレオ甲府店 穂坂

2022年07月23日

満足していただけるように

夏休みシーズンを目前に控え、釈迦堂上りPA山梨フルーツ王国では、
バスツアーのお客様や遠征中の学生のお客様などを多くお見掛けします。

先日の3連休は「国産鶏のからあげ」や「富士桜ポークのコロッケ」などのホットスナックや
「桔梗信玄ソフト+」をお求めになるお客様で、一時混雑する程の賑わいでした。

お客様が食事を終えて食器を返却される際や
ソフトクリームなどをお渡しする際には、
「ごちそうさま」「おいしかった」「ありがとう」など
一言、私たちの目を見ながら言って下さいます。

お客様からのお気遣いや、掛けて頂く言葉一つ一つが何よりも励みです。

これから迎える夏休みシーズン、
お客様一人一人に丁寧な接客をすることを心掛けて、
安心安全に、お腹も心も満足して頂けたら嬉しいです。

山梨フルーツ王国店 茅野

2022年07月15日

自慢の愛車

「そろそろ新しい車が欲しいな」そう思い、父に相談したところ、
「燃費がよくて維持費が安いから軽トラックがおすすめだよ」と教えてもらい、

早速インターネットで検索。

イメージとは違い、かっこいい軽トラックが多く、
有名人のカスタム動画や、海外で人気のカスタムなど、

世界中で軽トラックが人気らしく、高額で取引されることもあるようでびっくりしました。

その中でも、オレンジ色のカスタムした軽トラックの
かっこよさに一目惚れして、
次の日にお店に見に行くと、即購入してしまいました。

 

納車後、カスタムパーツを取り付けて、見た目がさらにかっこよくなり、

一目惚れした軽トラックに近づいていくことが嬉しいです。

僕の車を見て父も「俺もカスタムしようかな」と言って、
休日にライトやエンブレム、マフラーを取り付けていました。

また、新しくカスタムパーツを購入したので届くのが待ち遠しいです。

山梨フルーツ王国 近藤裕太

2022年07月13日

がんばれる源

桔梗信玄餅工場テーマパークは、週末になると多くのお客様で賑わいます。

特に社員特価販売1/2では入店の行列ができる程。
お客様同士の密を避ける為、入店人数の制限を行っています。

入口に立ってご案内をしていると、よく声を掛けて頂きます。

施設の場所やお土産の品に関すること、
工場見学やお菓子の詰め放題についてのお問い合わせはもちろん、
「いつもこんなにすごい人なんですか」と驚かれたり、
「暑い中大変ね、頑張って」と労いの言葉をかけて頂いたりすることもあります。

先日は、お父さんお母さん、お子様連れのご家族から
「今日はこの子の誕生日なんです」と伺い、
「おめでとうございます。何歳になったんですか」と尋ねると、
満面の笑みで「7歳です」と教えてくれました。

楽しそうな姿を見ると、特別な日のお出かけに選んで頂けたことが、
とてもうれしく思いました。

お客様と目を合わせ、様々なお話ができるこの時間が、
私にとって仕事をがんばれる源です。

グルメマルシェセレオ甲府  中村

2022年07月12日

可愛いらしいお土産

日本一の生産量を誇る山梨県産の桃。

釈迦堂PA上り山梨フルーツ王国でも、
地元の農家さんが手掛けた旬の桃を販売しており
現在、店頭には「日川白鵬」、「加納岩白桃」が並んでいます。

「桃」といえば果物のイメージが湧きますが
お菓子でも楽しめて、お土産に喜ばれるのが「信玄桃」です。

パッケージのデザインは出荷箱をモチーフにし、
見た目、包装も本物そっくり。

桃のゼリー入りの白餡を、淡いピンクの皮で包んだおまんじゅうで
一口食べるとふんわりとした食感と桃の香りが口の中に広がります。

写真左の大きい2つが果物の桃、右がお菓子の信玄桃です。

毎年、この時期には祖父母が栽培している桃をもらっているので
今年はお返しに可愛らしい「信玄桃」を贈りたいと思います。

山梨フルーツ王国 小林優真