2023年02月08日

オシャレな食卓に

以前紹介したグルメマルシェのサバ缶ですが、
新しい味でオシャレなおつまみを作ってみました。

「背徳のガーリックバター アヒージョ風」

缶の中身をそのまま小さい鍋に移し、アツアツに温めるだけ。
今回はエビを入れて作りました。

足りないようなら、塩を足しても美味しいと思います。

サバ缶そのものに、しっかり味がついているので、
そのまま食べても美味しくて大満足です。

時短で美味しく1品増やせるので、このサバ缶には大助かりです。
お酒も進み、家族で楽しい夕飯になりました。

東治郎セレオ甲府店 穂坂

2023年02月03日

ゴールデンオレンジ

最強寒波と言われるほど、最近は激しい冷え込みが続き、
2月2日の出勤時の気温は-5℃。

防寒対策を万全にして出勤しています。
季節のフルーツを一年中楽しむことができる、
釈迦堂上りPA山梨フルーツ王国では、
旬を迎える静岡県産の黄金柑が入荷いたしました。

小ぶりの果肉ですが、口にいれた瞬間に広がる
爽やかな香りとジューシーな果汁が特徴で、
とても甘く食べやすいので人気のフルーツです。

生産地域も限られているため、販売しているお店も少ないんだとか。

旬の美味しいフルーツは働く私たちにとっても、元気の源です。

山梨フルーツ王国 板坂宗佳

2023年01月31日

春の始まり。

多くのお客様にご来店頂いた、お正月の山梨フルーツ王国。

「実家に持っていくお土産は、どれにしようかな。」

お客様とそんな会話からスタートして、
店頭に並ぶ桔梗信玄餅万寿や桔梗信玄餅最中を紹介し、
悩みながらも嬉しそうに選んでいるお客様の表情を見ていると、
「また今年も1年頑張ろう」と、そんな清々しい気持ちになれ、
たくさんの笑顔でとても明るい新年を迎えることが出来ました。

1月も後半。

のし餅がズラッと並んでいたお正月とは変わり、
早くも店頭にはピンク色がきれいな春を感じるお菓子が。

添えられた塩漬けの桜の花がかわいい「昔ながらの桜餅 貝合せ」。

まだまだ寒さが続きますが、
春のお菓子を食べながら、春の到来を待ちたいと思います。

山梨フルーツ王国 瀧悠大

2023年01月28日

甘いマイブーム到来

新登場の栗水ようかん。
フタを剥がすと、栗のあまい香りが食欲をそそります。

一口食べれば、口の中に広がる栗の旨みとなめらかさが美味しく味わえ、
味覚と嗅覚で栗を楽しむことができます。

止まらず二個目に手が差し掛かるほどのお気に入りで、
この頃の休日は、おやつに決まって栗水ようかんを満喫。

季節ならではのお菓子や、新登場のお菓子に出会える桔梗屋で、
お菓子好きにはたまらない日々を過ごしています。

山梨フルーツ王国 小林優真

2023年01月24日

待ってました

1月初旬から販売している春のお菓子。
草餅、桜餅、花見団子、よもぎ饅頭、桜まんじゅうなど
沢山の種類がありますが、中でも一番人気は「いちご大福」。
ハイジの野菜畑で収穫したいちごを使用しており、
大福のつぶしあんと、いちごの甘酸っぱいジューシーな果汁が
口いっぱいにあふれます。

いつも食べ方に迷ってしまう私。
最初にいちごから食べるのか。
大福を食べてからいちごを食べるのか。
はたまた、大きくかぶりつき一緒に食べるのか。

やっぱり、いちごと大福を一緒に食べるのが
いちご大福の醍醐味ですね。

甲府本館 渡辺

2023年01月15日

朝から糖分をしっかりと

冬休みが終わり、3学期が始まりました。

朝が寒いせいか、朝ごはんを食べるのが億劫な息子達。
母親の私としては、学校まで40分の片道を元気に登校できるように
朝ごはんをしっかり食べて欲しいのです。

そんな時に便利な「黒蜜きな粉ジャム」

お正月、のし餅に桔梗屋の濃い黒蜜ときな粉を付けて食べてから
子供達は桔梗屋の黒蜜ときな粉にハマっています。

トーストした食パンにマーガリンと、このジャムをたっぷりと。

このジャムなら食パン2枚はペロリと完食できるので
朝から元気いっぱい、糖分を補給して授業にも集中できると思います。

学年最後の3学期、毎日笑顔で過ごして欲しいです。

東治郎セレオ甲府店 穂坂

2022年12月26日

繋ぐ

12月3日、4日に「第59回山梨県一周駅伝競走大会」が行われました。
山梨県一周駅伝とは2日間にわたり、山梨県を一周する市対抗の駅伝です。

私も過去に甲斐市のエントリーメンバーに選考され、走る機会をいただき、
沿道から地域の方々の応援を受け、駆け抜けた事を懐かしく思います。

襷に込められた繋ぐ想いは、
伝統や想いを繋ぐ、桔梗屋のお菓子も同様だと思います。

人と人を繋ぐ架け橋となり、一緒に喜びを分かち合える桔梗屋のお菓子。

先日行われた「JR東日本おみやげグランプリ2022」では桔梗信玄餅味くらべが「エリア賞」、『ゆるキャン△』桔梗信玄餅が「メモリアル賞」、桔梗信玄KuromitsuBlackが「職場で贈りたいおみやげ賞」を受賞いたしました。

今年お世話になった方々へ、桔梗屋のお菓子と一緒に
感謝の思いを込めて、ご縁を繋いでいきたいと思います。

山梨フルーツ王国 小林優真

2022年12月25日

お祝い

今年も残すところ僅か。

そしてもうすぐクリスマス。

社会人になってからは1年経つのがとても早く感じ、
あっと言う間に新年を迎えそうです。

私事ですが、12月には誕生日を迎えます。

誕生日がクリスマスに近いため、
毎年決まってクリスマスと一緒にお祝いをしています。
なので少し豪華に。

昨年は、グルメマルシェ セレオ甲府店の
クリスマスチキンとクリスマスオードブルにしました。

タレがたっぷり絡んだクリスマスチキンはもちろん美味しいのですが、
特にクリスマスオードブルはキャロットラぺや自家製ローストビーフ、
若鶏のからあげ、チーズドックなど12種類の様々なお料理が入っていて
とても贅沢な気持ちに。

家族も「美味しい」「お腹いっぱい」と、
とても喜んでくれたので、最高の誕生日クリスマス会になりました。

そしてついに20代に突入です。

まだまだ未熟ですが、出来る事を増やしていき、
充実した20歳を送りたいです。

アートアーカイブス 高橋来実

2022年12月24日

素敵な厨房

「美味しそう」「何を作ってるのかな」と
ついつい覗いてしまうのが、長寿村権六小淵沢店の厨房。

ガラス越しに調理風景が見えるのは、小淵沢店の魅力でもありますが
中から覗くと、また違う楽しみ方ができます。

私も少しずつ厨房業務に携わるようになって、
特にやりがいを感じるのが、このガラス越しに見えるお客様の姿です。

興味津々に覗くお子様や、席で食べているお客様の様子がとてもよく見えるので
頑張ろう、美味しいと思ってもらえますように
と、更に気持ちがこもります。

そして何より帰る時の笑顔は特別です。
お食事後に笑顔で帰られる姿が見えると、自然と私まで笑顔に。

直接「美味しかった」「大満足」という言葉はとても嬉しいですが、
表情から感情が伝わる厨房もとても素敵な場所です。

桔梗屋のお食事もお菓子も、笑顔と思い出に繋がるきっかけになりますように。

東治郎小淵沢店 長田

2022年12月14日

クリスマスまであと少し

外へ出かけると、クリスマスの可愛らしい装飾やイルミネーション、
クリスマス商品を至る所で見かけるようになりました。

桔梗屋でも、期間限定で桔梗信玄餅どらに、可愛らしいサンタクロースの焼印を押した
「サンタ焼印入り桔梗信玄餅どら」を販売しています。

子どもの頃、クリスマスデザインのお菓子や包装を見かけると
クリスマスの特別感にワクワクして、よく祖母におねだりしたのを覚えています。

今ではお菓子をクリスマスカラーで丁寧にラッピングや包装する立場となり、
少しだけサンタさんのような気持ちで仕事をしています。

月に一度、祖母に桔梗屋のお菓子を持って会いに行くのですが、
今回はクリスマスカラーの包装をした桔梗信玄餅どらを渡して、
いつもとは違う、少し特別な時間を過ごしたいと思います。

山梨フルーツ王国 茅野